手提げ袋の製造と印刷、中国工場による生産とストーンペーパーなど
手提げ袋の泰和印刷
手提げの袋製造や印刷のことなら京都の泰和印刷にお任せ下さい!中国工場による生産や環境に配慮したストーンペーパーも対応可能です。

手提げ袋サイトのホーム > ストーンペーパー

ストーンペーパーとは?
「エネルギー消費を抑え、森林資源・水資源を保護し、Co2の排出を抑える未来の環境紙」のことです。

石(炭酸カルシウムの粉末80%)とPE(無害樹脂20%)のみで出来たシートです。
やぶれにくく丈夫で、水に強い。ことが大きな特長です。石から生まれた環境に優しい次世代の紙。それが「ストーンペーパー」です。

やぶれにくく丈夫で水に強いという特長をいかし、一般的な紙素材の手提げ袋の、新たな選択肢としてご提案させて頂きます。

袋の中に入れる商品が水分を含みやすいもの、商品に凸凹があり内側から破れやすいものなど、様々な悩みをお持ちのお客様は是非とも弊社へご相談下さい。


 
ストーンペーパーの特徴

やぶれにくく丈夫(耐久性)
ストーンペーパーは樹脂が炭酸カルシウムの粉末を結びつけてシート状になっています。繊維の絡まりで出来たパルプ紙とは違う独特の強さをもっています。

水に強い(耐水性)
パルプ紙は水分を吸収してしまうのに対して、原料が石で出来ているストーンペーパーは水に濡れても変形したり、強度が弱まったりすることはありません。
しっとりとした質感
ストーンペーパーは、パルプ紙特有のパサパサした感じはなく、なめらかでしっとりした質感となります。
白色度が高い
ストーンペーパーは製造工程で漂白剤は使っておらず、原料の炭酸カルシウム(石灰石)の白さを活かした白色度の高さが特長です。
 

やぶれにくく丈夫で、しかも水に強いという特長から手提げ袋には最適です。
大切な商品を、頑丈に包み込み、雨に濡れても、中の商品の品質に影響はほとんどありません。
また、このストーンペーパーは印刷にも対応(通常の紙と比べて若干の品位は落ちる)しております。雨に濡れてインクがにじむことも一切ありませんのでご安心下さい。
ストーンペーパーの原料は主原料であり豊富な資源である 「石灰石由来の炭酸カルシウム (CaCO3)」と
「高密度ポリエチレン(HDPE)」からできています。
手提げ袋をご依頼の際は、用途の選択肢の一つとしてストーンペーパー素材の手提げ袋をご利用下さい。
なお、ストーンペーパー素材の手提げ袋についてのご質問などございましたらご遠慮なくご相談下さい。

様々な応用ストーンペーパー編

革をイメージしたストーンペーパー
※シルクスクリーン加工をほどこしております。

「手提げ袋なのに、革素材!?」
街を歩く人から注目を集める、ストーンペーパーのアイデア商品です。勿論、ロゴや社名などの印刷も出来ます。
商品を入れるためだけの用途としてではなく、注目を集める、メーカー(会社)の広告の一つとして、このような特殊な手提げ袋も是非とも弊社にお任せ下さい!

例えばこんな業種の方にオススメ致します!

植木販売店様の場合・・・
植木鉢ごと手提げ袋に入れて頂けます。鉢から水が染み出できても安心です。ストーンペーパーの最大の特長である耐水性が発揮されます。オシャレな印刷を行い、植木という水分を含んだ商品に、完璧にマッチした手提げ袋として大変ご好評頂いております。
今後、植木販売店様からのご依頼が増えると予想しております。

 

冷凍食品販売店様の場合・・・
冷凍食品を袋に数時間入れていると外気との温度差により、手提げ袋の内側から水分が染み込んでくるケースがあります。濡れた袋は強度が低下し、ちょっとした衝撃で破れる可能性があります。
ストーンペーパー素材の手提げ袋なら、水に強く、丈夫なため、破れる心配はほとんどありません。
大切な商品だからこそ、しっかりとした手提げ袋で持ち運び頂きたいと願っております。

釣具店様の場合・・・
川・湖・海と釣具用品は、水の近くで必ず利用されています。
おそらく、手提げ袋を釣り場に持って行く方はほとんどおられないと思いますが、頻繁に利用する釣具の場合、小さな袋に入れて持って行くことは十分考えられます。
波しぶきや雨により、袋が濡れて中に入っている商品のパッケージがボロボロになることがよくあります。こんな時はストーンペーパー素材の袋であれば、濡れる心配はほとんどありません。
また、釣り場には釣具をはじめ、包装袋が捨てられて深刻な環境問題に発展しております。袋が濡れてもボロボロにならないため、捨てるのではなく、持ち帰って次回の釣りに再利用することも可能です。
誤って袋が海に落ちてしまった場合も、ストーンペーパーはほとんどが石で出来ているので環境へのダメージも最小限で済みます。勿論、釣り場へ持ち込んだ物は持ち帰ることが最低限のマナーですが・・。

 

木を伐採しません
ストーンペーパーは原料に木材チップやケナフなどを一切使用しないため、今まで使用していた紙の代替として、ストーンペーパーを使用することで貴重な森林資源が保護できます。

水資源を保護します
従来のパルプを使った製紙に比べ、ストーンペーパーは製造時に水で洗浄するプロセスが一切なく、強い酸やアルカリ、漂白剤も必要としません。このため製造時の廃水排出の問題も無く、河川や海を汚染することもありません。
廃棄物も出しません
ストーンペーパーの製造には、樹脂と石の粉(炭酸カルシウム)と電力を使うだけです。乾燥、洗浄の製造プロセスが無いため、廃水や排気ガスを排出することもありません。
リサイクルが可能です
ストーンペーパーを使用後、回収したあとに粉砕、押し出し造粒し、ポリエチレン(PE)プラスチック加工の優れた添加剤とすることができます。この顆粒を使って、カラープラスチックバッグ、植木鉢、プラスチック缶などが生産できます。
一般ゴミとして処理できます
ストーンペーパーは一般ゴミとして処理できます。また、ストーンペーパーに含まれている樹脂は燃焼時有害なガスを排出せず、二酸化炭素の排出量も最小で、地球の温暖化を和らげます。
陽に当たると分解されます
ストーンペーパーは太陽の光に約6ヶ月さらされると、粉々になった卵の殻のように分解され、主原料である炭酸カルシウムは、自然に帰っていきますので、環境負荷を低減するメリットがあります。
※ストーンペーパーは、室内での使用においては紫外線にさらさなければ、樹脂がもろくなったり、分解されることはありません。黄変や虫食い等がしにくい特性をもっていますので、安心してご使用下さい。
 

パルプ紙との大きな違い・・・

1、木を使いません(木を伐採しません)
2、大量の水・薬品を使いません(パルプの製造過程
で使用される漂白剤等の薬品を使う必要がなく、
廃液も出ません)
3、廃水や排気ガスを排出しません
(大気汚染・酸性雨に繋がりません)
4、エネルギー消費が少ない(パルプ紙の約半分)


付属特長
短所

水回りで使用が可能
(水に濡らし壁やガラスに貼れる)

粘着加工紙に出来る
(カップラーメン蓋に蒸着紙合紙)

印刷品位が劣る
(マット調印刷でグロス感が出ない)

熱に弱い
(120℃〜130℃で溶ける<コピー機は駄目>)

ストーンペーパーをご利用頂きたいその他の商品

・ブックカバー・小物入れ・ランチョマット・封筒・手提げ袋・コースター・屋外ポスター(選挙用)・花の名札・荷札
・箱・はがき・書類カバー・小物入れ・子供のおもちゃ箱・絵本・水回りの壁紙・高級ダンボールの外貼り(合紙)
・手帳カバー・カード、トランプ・防水が必要なもの・敷物・名札・金券・賞状、認定書・証明書・見本帳の台紙
・ご注意シール・説明書(屋外や長期保存用のもの)・旅行用の洗面セット入れ・焼肉店の前掛け
・書籍のブックカバー・見積書カバー・水濡れを嫌う製品の台紙や包装紙として・植木の簡易鉢
・ユポ、ピーチケント使用の代替品として・ほか

 

手提げ袋の製造と印刷 泰和印刷株式会社
京都市伏見区竹田松林町64番地  お問合せ Tel.075-605-6800(代) Fax.075-605-6857


Copyright (C) 2008 Taiwa Print All Rights Reserved.